簡単にできるワキガ予防できる水!

夏になるとなんだかワキガが気になる人は、その匂いがきつくなる前に予防をしておく必要があります。
その方法は簡単で、ミョウバン水を脇や臭いの気になるところにスプレーするだけです。
では、ミョウバン水ってどこに売っているのでしょうか?また、いくらかかるのでしょうか?と、ミョウバン水を探したり、高いお金をかけたくない人は、ミョウバン水をつくってしまいましょう。
作り方は簡単で、ほとんどの材料が100円でそろってしまう物ばかりです。
ミョウバンとはお漬物を作る際に使う、お漬物の色が悪くならないようにするものです。
なので、売っているところは、ぬか漬けのぬかなどが売っている売り場で、焼きミョウバンと書かれている物を購入しましょう。
一袋100円ほどですが、ミョウバン水をつくるのにたくさんの量は必要ないので小さいサイズの物で大丈夫です。
それに、水道水と飲み終わった500mlのペットボトルに、100円で売っているスプレーです。
それがあれば簡単にミョウバン水を作ることができます。
作り方はホームページで検索をするとすぐに出てくるので試してみる価値ありますよ。

ワキガ発生源は食事から!改善して爽やかメンズになろう

ワキガが気になるシーズンになってきました、ということは男性でも薄着になりどうしても肌を見せたりする機会が増えますよね。
自覚はなくても気づかないうちにワキガで他人に避けられている、そんなことになったら悲しいことです。
そのためにまずは簡単にできる対処法から対策を行っていきましょう。
日常的に出来る対策は食事の改善です。
ワキガは日常の老廃物が原因となっていますから老廃物が分泌されやすい食べ物を避けていくのですが、具体的な食品を挙げるとまず油です。
油で質の悪いものは脇の汗腺を塞いでしまい、汗の出を悪くし、どんどん古い汗を貯めこんでいき悪臭を発生させる原因となります。
次は肉が挙げられるのですが、特に肉の脂はてきめんに影響します。
体中から脂を発生させ老廃物を貯めこむ原因となりますので、脂分の多い肉は避けるべきです。
また意外と臭いに悪いのが飲酒です。
飲酒は血の巡りを良くするので汗が大量に発生し、結果臭いが発生しますので、これらの食事習慣がある人は見なおしてワキのニオイ対策を行いましょう。

Last update:2017/1/24