ワキガの臭いは改善させることができる

ワキガは大変に臭いもので、とくに夏場にはかなり気になってしまいます。
電車に乗るのも億劫になってしまうことから、日常生活が不便になる病気だと言われています。
しかし、そんなワキガも、今の時代には簡単に治療をすることができるようになっているのです。
まず、美容皮膚科や美容外科などに相談をしに行くといいでしょう。
医療用のレーザーが使えるところであれば、治療をしてもらうことができる可能性があります。
レーザー光線を腋の下に照射すると、自然とアポクリン汗腺と呼ばれる汗の発生源を潰すことができるのです。
なぜなら、アポクリン汗腺は毛根のそばに存在しているものだという特徴があるからです。
毛根を破壊すると同時に、こうした汗の発生源となっている汗腺まで潰してしまうことができ、これによって症状を和らげることができるのです。
治療にはほとんど時間はかからず、片方の脇についておよそ三十分程度です。
ですから、気軽に受けることができます。

ワキガによる服の傷みと対処法について

ワキガは汗腺の一種であるアポクリン腺から分泌される液体が皮膚上の細菌に分解されることが原因ですが、アポクリン腺の分泌液は他の汗腺からでる一般的な汗と異なり、衣類の生地に染み込むと黄色く変色する特徴があります。
そのため、ワキガを患っている人の多くは服の脇の部分が汚れやすい傾向があります。
分泌液が染み込んで変色すると綺麗に除去するのが難しいため、事前に予防を施して服を傷めないように注意することが大切です。
市販の汗取りパットを脇の部分に貼り付けるのが手軽な対処法ですが、パットの品質によって効果が大きく変わってしまうので事前に複数の製品を比較しておく必要があります。
また、分泌液の付着を防ぐ行為なので体質改善を希望する場合は手術や投薬治療など、医学的な処置を行う必要がある点を注意します。
ワキガの特徴を正確に把握したうえで適切な方法で対処することが、お気に入りの服を傷めずに長く使い続けるための条件です。

Valuable information

最終更新日:2015/9/2